仕様認識のズレを防ぎ
ロボット導入を円滑に

受注の前段階より密にコミュニケーションを取り、リアルタイムで
仕様の確認をすることができるため、設計チーム、製造チーム、
エンドユーザーそれぞれの確認事項を即座に反映。
各社との認識ズレを防ぐことで、より精度の高い要件定義を実現。

受注の前段階より密にコミュニケーションを取り、
リアルタイムで仕様の確認をすることができるため、
設計チーム、製造チーム、エンドユーザーそれぞれの
確認事項を即座に反映。
各社との認識ズレを防ぐことで、より精度の高い要件定義を実現。

ROGEARイメージ画像 申し込みはこちら 資料請求はこちら
ROGEARイメージ画像
こんなコミュニケーションエラーを抱えていませんか?
無駄な時間とコストが発生し誰も得しない・儲からないリスクを見込んでコストも高くなる

要件定義の精度を高め
オンラインで仕様情報を
一元管理!

ロボット導入を円滑に

商談から納品までの
仕様情報・プロセスすべて
社内外関係者全員で
ロボット導入を円滑に

FUNCTION1

ドキュメント作成、
ヒアリングを効率化

テンプレートを登録しドキュメント作成およびヒアリングを効率化します。

ドキュメント作成、ヒアリングを効率化
チームごとに仕様情報を管理

FUNCTION2

チームごとに
仕様情報を管理

プロジェクトグループ内で、チームごとに情報管理ができます。 制作するユニットごと、そして社内・社外という括りでチーム分けができます。

チームごとに仕様情報を管理

FUNCTION3

メールやり取りで散らばる
エビデンスも一元管理

プロジェクトチームごとでチャットが可能です。 仕様に関わる情報のやり取りもROGEAR上で行います。

メールやり取りで散らばるエビデンスも一元管理
画像や動画、資料なども共有管理

FUNCTION4

画像や動画、
資料なども共有管理

他のクラウドサーバーで管理共有をせず、 ROGEARに資料アップロードすることも可能です。

画像や動画、資料なども共有管理

FUNCTION5

履歴管理やROGEAR外
ユーザーへの共有を効率化

更新前のデータの保存やROGEARにアクセスができないユーザーへの共有は プロジェクト情報をPDF出力をして対応することができます。

履歴管理やROGEAR外ユーザーへの共有を効率化
現場での仕様情報確認

FUNCTION6

現場での仕様情報確認

スマートフォンからもプロジェクト情報を閲覧することが可能です。 現場および外出先で仕様情報を確認したいときにご活用ください。

現場での仕様情報確認

ROGEAR活用例

ROGEAR活用例 ROGEAR使用開始 打ち合わせメモ記入 テンプレート機能 プロジェクト共有 ROGEAR上でやり取り データをエクスポート 過去データからプロジェクト作成

具体的な利用場面

  • 専門家に頼らず仕様書作成を
     簡単に実施
  • 外出先、打ち合わせでの議事録
  • 関係者との仕様関連の連絡
  • 現場での仕様確認
  • ドキュメントデータの保存
  • ドキュメント作成と共有の効率化

導入のメリット

導入のメリット 損失を防ぐ コスト削減 オンライン取引

ご利用の流れ

  • お問い合わせ
  • 矢印
  • 矢印
  • お打ち合わせ
  • 矢印
  • 矢印
  • 無料トライアル